>


  ▶︎最新情報 ▶予告編 ▶作品紹介 ▶小川淳也とは? ▶スタッフ ▶︎コメント ▶劇場情報



613

 

trailer  


 

news twitter  facebook   

 

sakuhin  

shakai1
shakai2






衆議院議員・小川淳也(当選5期)、49歳。
2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。
彼と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。
当時32歳、民主党から初出馬する小川にカメラを向けた。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、事あるごとに撮影をするようになる。地盤・看板・カバンなしで始めた選挙戦。
2005年に初当選し、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と小川は目を輝かせた。
現在『news23』のキャスターを務める星浩や、安倍政権寄りと評される政治ジャーナリスト・田﨑史郎ら、リベラル・保守双方の論客から“見どころのある若手政治家”と期待されていた。しかし・・・


  


いくら気高い政治思想があっても党利党益に貢献しないと出世できず、選挙区当選でなければ発言権も弱い。小川の地元である香川1区の対抗馬は、自民党の平井卓也 。平井は地元有力メディアである四国新聞や西日本放送のオーナー一族で、強固な地盤を持つ。
そのため、小川は惜敗しては敗者復活の比例当選を繰り返してきた。権力への欲望が足りず、家族も「政治家には向いていないのでは」と本音を漏らす。

  

2012年から安倍政権が始まると、我慢の時期が続く。そして、2017年の総選挙では、希望の党への合流を決断した前原誠司の最側近として翻弄されていく。小池百合子代表への不信感から無所属での出馬を最後まで検討するが、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマの中、苦悩は益々深まっていく。
背水の陣の選挙戦に小川はどのように挑んでいったのか。

17年間、小川を見続けた監督・大島新の目に映ったのは日本政治の希望か絶望か。
小川を通して日本の未来を問いかけていく。




 

ogawa  

 
 konna

ogawajyunya



1971年香川県高松市生まれ。
高松高校・東京大学を経て、1994年自治省(現総務省)に入省。
2005年初当選。
民主党→民進党→希望の党を経て無所属。
2020年5月現在、立・国・社・無所属フォーラムに属し、立憲民主党代表特別補佐を務める。

著書に『日本改革原案』など。

  





ogawacomment

17年に及ぶ交流のある大島監督の「日本政治に問う」との思いに共鳴しています。
私は取材には協力しましたが、映画の製作には一切関わっていません。観てもいません。作品を通じての私自身の評価は全て受け入れるつもりです。
このドキュメントが日本政治に何を問うのか、監督の思いが伝われば本望です。



main


 

staff  

監督:大島 新(おおしま あらた)

1969年神奈川県藤沢市生まれ。
1995年早稲田大学第一文学部卒業後、フジテレビ入社。「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などドキュメンタリー番組のディレクターを務める。1999年フジテレビを退社、以後フリーに。
MBS「情熱大陸」、NHK「課外授業ようこそ先輩」「わたしが子どもだったころ」などを演出。
2007年、ドキュメンタリー映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』を監督。同作は第17回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞を受賞した。
2009年、映像製作会社ネツゲンを設立。
2016年、映画『園子温という生きもの』を監督。
プロデュース作品に『カレーライスを一から作る』(2016)『ぼけますから、よろしくお願いします。』(2018)など。
文春オンラインにドキュメンタリー評を定期的に寄稿している。

 

oshima

 

 

 

プロデューサー:前田亜紀 撮影:高橋秀典、前田亜紀 編集:宮島亜紀 音楽:石﨑野乃
ライン編集:池田 聡 整音:富永憲一 制作担当:船木 光、三好真裕美 宣伝美術:保田卓也
宣伝:きろくびと 配給協力:ポレポレ東中野 製作・配給:ネツゲン
2020年/日本/カラー/119分/DCP  ©ネツゲン

 

なぜ小川淳也を撮り続けたのか

監督 : 大島 新

「このままでは死んでも死に切れん」。
2003年、小川淳也は総選挙への出馬を猛反対する家族に対し、そう言って説得した。その言葉を借りれば、私は「この映画を完成・公開しなければ死んでも死に切れん」と思った。ドキュメンタリー映像製作をはじめてから20年余り経った、2016年のことだった。

私が小川淳也と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。小川は、私の妻と高校で同学年。妻から「高校で一緒だった小川くんが、家族の猛反対を押し切って出馬するらしい」と聞いて興味を持ち、カメラを持って高松を訪れたのだった。初めは興味本位だったが、およそ1カ月間取材をするうちに、「社会を良くしたい」と真っすぐに語る小川の無私な姿勢と、理想の政策を伝える説明能力の高さに触れ、私は「こういう人に政治を任せたい」と思うようになった。 小川はこの選挙では落選し、2005年の総選挙で初当選を果たす。以降、小川と私は年に数回会う関係になった。そして発表するあてもなく、時々カメラを回した。とはいえ、撮影なしで会うことがほとんどだった。

「やるからには目標を高く。自らトップに立って国の舵取りをしたい」と、初出馬の32歳の時から私に語っていた小川。2009年に⺠主党が大勝し政権交代を果たすと、目を輝かせながら「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と、意気揚々と話してくれた。しかし...

2011年の東日本大震災以降、⺠主党の政権運営の拙さが、徐々に白日の下に晒されていく。2012年、総選挙で大敗し、安倍政権が誕生。以降、野党は⻑期低迷期に入り、安倍一強と呼ばれる状態が続いた。 そうした時期の 2016年、小川との食事会の席で、私は「この人をもう一度きちんと取材し、記録したい。映画にしたい」という、突き上がるような思いを抱いた。この時期は自⺠党の“魔の2回生問題”が 世間を騒がせ、閣僚も含めた自⺠党議員の失言や暴言、スキャンダルが相次いだ。にもかかわらず、安倍政権は盤石、野党はと言えば、まとまりがなく、本気で政権を取りにいこうとしているようには見えなかった。小川も⺠進党の中で、もがいていた。優秀であることと、党内でポジションを上げていくことは、必ずしも比例しない。その頃私は「もしかしたらこの人は政治家に向いていないのではないか」と感じ始めていた。世界でも、日本でも、激しい言葉を発する強権的なリーダーが支持を得る傾向が強まっていた。そんななか、小川の誠実さは、いまの政治の潮流の中では、むしろあだになっているのではないかと思ったのだ。
その食事会の翌日に、私は一気に映画の企画書を書いた。タイトルは『なぜ君は総理大臣になれないのか』。不遜なタイトルだが、小川本人にぶつけてみようと思った。その企画書を持って、2016年の夏に議員会館を訪ねたのが、映画の冒頭のシーンだ。小川はタイトルも含め、取材を受け入れ、「すべて大島さんにお任せします」と言った。 以後、政治の節目節目に小川が何を考えているのかを聞いた。そして、2017年の総選挙がやってきた。 それは、“⺠進党の希望の党への合流”というドタバタ劇に巻き込まれた男の、悲壮感に溢れた選挙戦だった。
これは、⻑期にわたって見つめた一人の政治家の苦闘と挫折のドキュメンタリーである。私は、その記録を映画として発表することによって、日本の政治の一断面を社会に問いたい。

 

 

 

 

comment
▶ ︎ 6月3日 更新  

 

上西充子(国会パブリックビューイング代表/法政大学教授)

田﨑史郎(政治ジャーナリスト)

田中千世子(映画評論家/映画監督)

石川直樹(写真家)

鮫島浩(朝日新聞記者)

松元ヒロ(コメディアン)

森達也(映画監督/作家)

坂手洋二(劇作家/演出家)

酒井綱一郎(日経BP出版事業フェロー)

阿武野勝彦(東海テレビ プロデューサー)

斎藤美奈子(文芸評論家)

藤原辰史(歴史研究者/京都大学准教授)

本田由紀(教育社会学者/東京大学大学院教授)

関野吉晴(探検家/医師/武蔵野美術大学名誉教授)

大石芳野(ドキュメンタリー写真家)

常井健一(ノンフィクションライター)

小泉今日子(俳優)

佐々木健一(TVディレクター/ノンフィクション作家)

前川喜平(元文部科学事務次官)

浜田敬子(ジャーナリスト/Business Insider Japan統括編集長)

望月衣塑子(東京新聞記者)


 

小川淳也議員へのダメ出しのようなタイトルだが、見終わって気づく。
問われているのは、有権者である私たちなのだと。

上西充子(国会パブリックビューイング代表/法政大学教授)



 

家族を巻き込んで選挙を戦い、身を粉にして働いても尊敬されず、野党だと権力もない。 なのに、なぜ国会議員たらんとするのか…。政治を理解するのに欠かせない作品だ。

田﨑史郎(政治ジャーナリスト)



 

「自分たちが選んだ政治家をバカだとか、笑ってるうちは、絶対にこの国は変わらない」という小川議員の言葉にハッとした。「それではいけないから、自分は政治をやるんだ」という真っ当さに心打たれた。

田中千世子(映画評論家/映画監督)



 

すっかり小川さんのファンになりました。
政治が腐っている今の時代にこそ、観てもらいたい映画です。

石川直樹(写真家)



 

高校時代から理念に燃えていた。代議士になっても揺るがなかった。あまりの蒼さに永田町で生き抜けるのか、同級生として、政治記者として、常に心配だった。
彼に足らざるは?―この映画は、政治とは何かを考える至高な問いである。

鮫島浩(朝日新聞記者)



 

何度か泣きました。そして腹も立ちました。「どっちかハッキリ決めろよ!」と、自分と重ねて観ていたからです。この映画は日本人の政治への考え方を「それでいいのですか!」と、主人公に対して、そして観ている観客に向けて問うている問題作なのかもしれません。

松元ヒロ(コメディアン)



 

彼は何が足りないのか。誠実で誠意があって志が高い。そんな政治家がなぜ報われないのか。世界は今、未曽有な危機的状況にある。だからこそ政治の質が問われる。コロナ後のこの国のために、世界のために、政治はどうあるべきかを考えるために、この映画を今こそ目撃してほしい。

森達也(映画監督/作家)



 

私は希望の党に行こうとした議員数人に「恥を知れ」と伝えた。
踏みとどまった者もいる。
小川議員は、彼の父が言う「猿芝居」に身を投じた。
もちろん、本気で総理大臣など目指さなくなっていたのだ。
この国の選挙制度の奇怪さが浮かび上がる。
未完の大作。この映画を終わらせるのは、選挙民の私たちである。

坂手洋二(劇作家/演出家)



 

選挙民に罵倒されたり、無視されたり、それでも、ご家族を含めて奮闘する姿に涙が出そうになりました。
「なぜ君は国会議員を続けるのか」と、小川さんに語りかけたくなりました。 

酒井綱一郎(日経BP出版事業フェロー)



 

17年物の政治家が纏うもの…。小川淳也の経年変化に目を凝らす…。
好感を持った自分を「青いんだよ」と腐し、「だから大物になれないのさ」そう解釈した自分に嫌気がさした。
コロナのあとさき…。大きく変わっていく政治を、小川越しに見ていこうと思った。

阿武野勝彦(東海テレビ プロデューサー)



 

離合集散はくり返す、党名は変わる、いざって時にズッコケる。
私は野党を応援したいのだ。ああそれなのに……
と思ってきたあなた、この映画は見たほうがいい。
小川淳也は絶望してると言いつつ、絶望なんかしていない。
なぜだか私はやる気が出た。世の中、変えてやろうじゃないのと思った。

斎藤美奈子(文芸評論家)




 

小川淳也の福祉国家論の展開や受容をもっと知りたかったが、それよりも仁義や心意気や愛など政治の非本質的な方が、映画の前面に映し出される。面白いのは、活写されたこの日本政治の非政治的性格が、逆に本来的な政治への渇きを私たちに覚えさせることだ。

藤原辰史(歴史研究者/京都大学准教授)



 

世襲でもない、地元大企業の一族でもない。
ただ理想に突き動かされて自転車で駆け回り、権謀術数の狭間で苦悩する。
周囲には「政治家」に向いていない、とも言われる。
でも、彼こそが、この社会が必要としている「政治家」なのではないか?

本田由紀(教育社会学者/東京大学大学院教授)



 

政治の世界では、清濁併せ呑む古だぬきのような人間だけが生き残れると思っていた。 誠実で誠意があって志が高い政治家は淘汰されると思っていたが、
小川議員は国会質問で俄然注目され始めて来た。コロナ後活躍するだろう。
理想を追う稀有な政治家が、悩み、迷い、落胆しながら家族や支援者に支えられ成長していく17年を追った、貴重で必見の映画だ。

関野吉晴(探検家/医師/武蔵野美術大学名誉教授)



 

意表を突くタイトルに目が留まり、小川淳也さんの誠実さに惹かれた。
そして監督との信頼関係がこの映画の魅力にもなっている。小川さんとはむろんだがご家族との関係においても。それが、政治家のドキュメンタリーではあっても、清々しさがあり観客を飽きさせないもう一つの要素にもなっている。
政治への信頼が地に落ちている昨今だけに多くの人たちに観てもらいたい映画です。

大石芳野(ドキュメンタリー写真家)



 

「幸福論」を万人に説く政治家という仕事は、同じ屋根の下で暮らしている伴侶や子どもたちの犠牲や葛藤、あるいは、一種の不幸の上に成り立っている。
それでいいのか。
この映画は、政治ジャーナリズムが見て見ぬふりをしてきた「聖域」に踏み込み、職業としての政治をめぐる根源的な問いをわれわれに突きつける。

常井健一(ノンフィクションライター)



 

この映画がフィクションならば「主演俳優も脇を固める役者たちも脚本も編集も最高!続編に期待したい。」となるのだが、これは一人の人間を追ったドキュメンタリー。
自分の人生、生き方を改めて考える時間になった。

小泉今日子(俳優)



 

「なぜ君は総理大臣になれないのか」の答えは「正直者だから」だ。
大島監督は政治家らしからぬ小川淳也の正直者ぶりを描いた上で、
「正直になれない」状況に放り込まれた小川の苦悩を執拗に描く。
「自分を偽らない」。その単純な答えにたどり着くまでの男の物語である。

佐々木健一(TVディレクター/ノンフィクション作家)

 

 

純で真っ直ぐ。政治家に向いていないと両親が言う。権力への欲望が足りないと自らも認める。党が分裂し、苦悩の中で戦った選挙。対立候補一族が支配する地元紙の露骨なネガティブキャンペーン。
それでもより良い社会をつくるため歯を食いしばる。
小川淳也、この国にはあなたのような政治家が必要だ。

前川喜平(元文部科学事務次官)

 

 

コロナ禍で私たちが目撃したものは、この国のリーダーの言葉の空疎さだった。
それに比べて、この小川さんの言葉はまっすぐに届く。なぜなら、自分でもがき、考え、絞り出した言葉だから。
政治に絶望するのも政治家を批判するのも簡単だ。
でも私たちはその前にもっと政治家を知り、対話することが必要ではないか、と思わせてくれた。

浜田敬子(ジャーナリスト/Business Insider Japan統括編集長)

 

 

全くもって運がないツキがない。それでも、周囲は何故、彼を応援するのか。
嘘で塗り固め、モラルの破綻した日本の政治にこそ、彼のような愚直さ、純粋さが必要なのではないか。

望月衣塑子(東京新聞記者)

 

 

 

 





 

theater  


《 2020年6月6日 現在 》 ただいま全国29館で公開予定

<追加上映館>
大阪の皆さま、大変お待たせを致しました。

大阪では、シネマート心斎橋での上映が決まりました。

どうもありがとうございます!

・・・
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が各地で解除され、
映画館も営業を再開しつつあります。
いまだ不安な日々が続きますが、上映館のガイドラインに沿い、本作の公開準備を進めております。

都道府県

劇場名

上映期間

お問い合わせ

東京

6/13(土)〜

03-3371-0088

東京

6/13(土)〜

03-6259-8608

香川

6/19(金)〜

087-822-0505

岡山

6/19(金)7/2(木)

086-231-0019

大分

6/20(土)7/10((金))

097-536-4512

福岡

7/10(金) 〜

092-751-4268

大分

7/10(金) 〜 23(木)

0977-21-1192

宮城

7/17(金) 〜 30(木)

022-299-5555

山形

7/17(金) 〜 30(木)

023-632-3220

山形

7/17(金) 〜 23(木)

0237-43-8060

福島

7/17(金) 〜 30(木)

024-533-1717

岩手

7/17(金) 〜 30(木)

019-622-4770

青森

7/17(金) 〜 30(木)

0178-38-0035

栃木

7/17(金) 〜 23(木)

0287-60-7227

新潟

7/18(土) 〜

025-243-5530

大阪
シネマート心斎橋

7/24(金)〜

06-6282-0815

京都

7/24(金)〜

075-353-4723

静岡
静岡シネ・ギャラリー

未定

054-250-0283
北海道

劇場再開後(時期未定)

未定

神奈川

シネマ・ジャック&ベティ

未定

045-243-9800

神奈川

あつぎのえいがかん kiki

未定

046-240-0600

群馬

未定

027-325-1744

愛知

未定

052-733-3959

長野

未定

026-232-3016

静岡

未定

053-489-5539
石川
未定
076-220-5007

兵庫

未定

078-366-2636

広島

未定

082-231-1001

沖縄

未定

098-860-9555

 

 

全国共通特別鑑賞券 1,500円
ネツゲンにて発売中
詳細は下記のお問い合わせフォームからご連絡ください


上映館によっては、シニア料金等で特別鑑賞券よりお得なチケットもございます
お求めの際は劇場サイトもご参照ください
また優先入場等の待遇はございませんのでご注意ください

 




nazekimi_logo



613


 


大島新監督作品
ドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」

twitter  facebook

mail